じゃがいもゲームブログ

ゲームの感想、レビューなど。最高難易度攻略などのやり込みが好きです!youtubeに動画を投稿しています!よければチャンネル登録よろしくお願い致します!

スポンサーリンク

【マイクラ1.17/1.16】超簡単に作れる完全自動のウィザー処理装置 作り方解説!ビーコン作り放題!Minecraft AFK Easy Wither/Nether Stars Farm【マインクラフト/JE/Java Edetion/便利装置】

スポンサーリンク

皆様こんにちは!
如何お過ごしでしょうか。

今回は、誰でも簡単に作れる完全自動のウィザー処理装置の作り方について解説します!
f:id:jagaimo_game_blog:20210815101103j:plain

10~30分くらいで作れてもうビーコン(ネザースター)には困らなくなります。では、早速作り方について解説します。

必要素材は以下の通りです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815101701p:plain

種類は多いですが、特別レアなアイテムはありません。割と低コストです。ウィザーを倒そうとしている方なら問題なく集められるでしょう。

文章じゃなくて動画で解説を見たいという方は下記の動画を参考にしてください。超簡単に作れる完全自動のウィザー処理装置のつくり方を、動画でわかりやすく解説しています。

www.youtube.com


ぶっちゃけてしまうと、多分動画を見ながら作ったほうがわかりやすいし、早いと思います。まぁ、ブログの記事も全力で書いていますが。

※ちなみに1.17.1で作っていますが、1.16でも問題なく稼動します。

ウィザー処理装置の作り方解説

では早速、ウィザー処理装置のつくり方について解説します。まずはエンドポータルの下を掘りましょう。15×15、高さ5の部屋を作ります。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102036p:plain
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102045j:plain

部屋を作ったら、天井部分はもう1マス上に掘り抜いておいてください。岩盤部分が5マスなので、上下左右に5マスずつ延長すれば15×15の部屋になります。

まぁ、ここはこの通りでなくても、このくらいの広さなら十分というだけですので、多少狭かったり広かったりしても問題ありませんし、あとでいくらでも修正可能です。

部屋を掘り抜いたら早速装置を作成していきます。

下画像のように岩盤ブロックの中心に仮ブロックを4つ設置して、最後の仮ブロックからさらに2つ仮ブロックを設置します。そして仮ブロックの先端にチェストを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102310j:plain

チェストを設置したらチェストの後ろの仮ブロックを撤去して、チェストに画像のようにホッパーを接続します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102314j:plain

ホッパーを接続したら、石の壁を仮ブロックに設置します。図のように3つ設置してください(1.17ならここの部分の操作は要りません)。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102318j:plain
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102322j:plain

石の壁を設置したら、仮ブロックを撤去します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102646j:plain

1.16の場合の窒息装置のつくり方

1.16の場合の窒息装置の作り方です。1.17の方はこの部分の操作は行わないでください。

一番奥のホッパーの上に、レールを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102840j:plain

レールの上にトロッコを設置して、
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102843j:plain

トロッコの下のレールを撤去します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102847j:plain

トロッコの上の岩盤ブロックにピストンを下向きに設置して、
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102851j:plain

ピストンに建築ブロックを設置。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102856j:plain

ピストンの横にレバーを設置して、
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102859j:plain

レバーをONにします。そうすると、トロッコの中に建築ブロックが食い込みます。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102903j:plain

その状態になったらピストンとレバーを撤去します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102907j:plain

この状態になるとトロッコと建築ブロックが同じブロックとみなされ、建築ブロックの上のアイテムもホッパーに吸い込まれるのですが、1.17では修正されたようです。建築ブロックの上のアイテムがホッパーに回収されません。ですので、1.17ではこの方法は使えません。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102911j:plain

建築ブロックの上にレールを設置して、
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102915j:plain

レールの上にトロッコを24個設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102919j:plain

24個設置できたらトロッコの下のレールを撤去します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102923j:plain

これで窒息装置完成です。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102926j:plain

これは、1マスに24個以上の物体が存在すると窒息ダメージを受けるのを利用したモブの処理の仕方です。統合版にはこの仕様はないので、おそらくJava版限定です。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815102930j:plain

1.17の場合の窒息装置のつくり方

続いて、1.17の場合の窒息装置の作り方です。まず、2つ目のホッパーの上の石の壁と、3つ目のホッパーを撤去しましょう(てか石の壁全部いらない)。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815103712j:plain

ホッパーと石の壁を撤去できたら、2つ目のホッパーの上にホッパーを接続し、そのホッパーに向かって4つ目のホッパーを接続します。4つ目のホッパーは先ほどの3つ目のホッパーの位置の一段上に来ます。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815103716j:plainf:id:jagaimo_game_blog:20210815103700j:plain

ホッパーがきちんと連結されていることを確認してください。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815103704j:plain

そしたら4つ目のホッパーの上にレールを敷いて、レールの上にトロッコを24個設置します。トロッコが設置できたらトロッコの下のレールを撤去して完成です。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815103708j:plain

この部分は完全オリジナルですが、問題なく稼働しています。1.17で動かず諦めきれずに足掻いてよかったです。

ちなみにホッパーをこの形にしないと、ピストンが上に上がった瞬間に4つ目のホッパーをクリックしてしまい、完全自動化できなくなります。

ウィザーを召喚して処理層に運ぶ装置のつくり方

続いて、ウィザーを召喚して処理層に運ぶ装置を作っていきます。まず、画像のように岩盤ブロックに下向きでディスペンサーを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104522j:plain

真ん中のディスペンサーに画像のようにオブサーバーを設置します。オブザーバーは窒息装置の反対側を向くように設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104526j:plain

オブザーバーの下にピストンを設置します。画像のように3つ設置してください。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104530j:plain

そしたら次は、石の壁に向かって建築ブロックを設置します。石の壁を設置していない場合は、仮ブロックを使って画像のように建築ブロックを設置してください。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104534j:plain

こんな感じになっていればOKです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104538j:plain

続いて、画像のように仮ブロックを設置して、仮ブロックの上に上向きでピストンを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104545j:plain

こんな感じ。一番奥のピストンが建築ブロックに挟まれるような感じです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104450j:plain

仮ブロックは撤去しましょう。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104454j:plain

画像のように建築ブロックを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104500j:plain

建築ブロックの上にパワードレールを3つ設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104504j:plain

パワードレールの両端に建築ブロックを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104509j:plain

右側の建築ブロックに画像のようにレバーを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104514j:plain

左側の建築ブロックの上にドロッパーを設置。向きに注意してください。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815104518j:plain

次は、ディスペンサーの斜め向かいの岩盤ブロックの下に粘着ピストンを下向きで設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140123j:plain

その粘着ピストンの下にオブザーバーを設置します。ドロッパーのほうを向くように設置してください。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140127j:plain

ドロッパーの隣にもオブザーバーを設置します。先ほど設置したオブザーバーと向き合うように設置します。ピストンに押されて下にきたオブザーバーとドロッパーの隣のオブザーバーが向き合うとお互いに信号を発するという仕組みです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140131j:plain

こんな感じになっていればOKです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140136j:plain

続いて、装置を動かすための回路を組んでいきます。T字に置いた真ん中のピストンと右側のピストンの下に建築ブロックを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140140j:plain

その建築ブロックに向かって画像のようにレッドストーンリピーターを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140144j:plain

そして画像のようにレッドストーンダストを3つ設置。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140150j:plain

レッドストーンダストの左側に建築ブロックを2つ設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140154j:plain

建築ブロックの左側にもう一つ建築ブロックを設置。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140209j:plain

T字に置いたピストンの左側のピストンと下側のピストンの間に建築ブロックを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140212j:plain

こんな感じ。わかりにくかったら動画を参考にしてください。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140217j:plain

一番上の建築ブロックに建築ブロックを設置。要は、階段を作りたいんです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140221j:plain

画像の位置にも建築ブロックを設置。仮ブロックを地面においてその上に設置しましょう。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140225j:plain

仮ブロックを撤去して階段完成。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140229j:plain

最上段の建築ブロックの後ろを2マス建築ブロックで延長しましょう。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140233j:plain

せっかく階段を作ったのでレッドストーンダストとリピーターで各装置を繋いでいきます。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140238j:plain

まず画像の位置にリピーターを設置して、
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140241j:plain

レッドストーンダストで延長します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140245j:plain

そして画像の位置に2つリピーターを設置します。リピーターの遅延はなしです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140248j:plain

こんな感じになっていればOKです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140252j:plain

最上段のリピーターの後ろに建築ブロックを設置して、
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140256j:plain

ピストンの後ろにも建築ブロックを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140300j:plain

ドロッパーの後ろにも建築ブロックを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140306j:plain

設置した建築ブロックの上にレッドストーンダストを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140309j:plain

画像の位置にガラスを3つ設置(オブザーバーがついている粘着ピストンにガラスを設置)します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140313j:plain

一番奥のガラスの上にレッドストーンダストを設置して、
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140318j:plain

真ん中のガラスの上にレッドストーンリピーターを設置します。リピーターは三回右クリックして最大遅延させておいてください。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140322j:plain

3つ目のガラスの上にレッドストーンダストを設置して回路をつなげれば完成です。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140325j:plain

ソウルサンドを自動で置き続ける仕組み作り

回路が完成したら今度はピストンの下に画像のようにトラップドアを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140329j:plain

そしてドロッパーとドロッパーの反対側の建築ブロックに向かって看板を設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140334j:plain

パワードレールの上にトロッコを設置すれば、ソウルサンドを自動で置き続ける仕組みの完成です。エンダーマンに持って行かれたのか、右側の建築ブロックとレバーがないんですけど気にしないでください。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815140339j:plain

ウィザースケルトンの頭蓋骨を放出する装置のつくり方

次は、ウィザースケルトンの頭蓋骨を放出する装置を作ります。画像のようにホッパーの前に建築ブロックを設置します。チェストの斜め向かいです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815142943j:plain

その建築ブロックに画像のように粘着ピストンを設置。向きに注意してください。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815142946j:plain

その粘着ピストンに向かってオブザーバーを設置。窒息装置の反対側を向くように設置してください。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815142950j:plain

建築ブロックの上にコンパレーターを設置。しつこいですが向きに注意してください。間違いやすいです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815142954j:plain

粘着ピストンの上に建築ブロックを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815142958j:plain

建築ブロックの上にボタンを設置すれば、ウィザースケルトンの頭蓋骨を放出する装置は完成です。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815143002j:plain

こんな感じになっていればOKです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815143007j:plain

ドロッパーにアイテムを入れる仕掛け作り

最後の仕上げです。ドロッパーにアイテムを入れる仕掛けを作ります。ドロッパーにホッパーを接続して、ホッパーの上にチェストを設置するだけです。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815143012j:plain

長時間放置できるように、ラージチェストにしておきましょう。これにて超簡単に作れる完全自動のウィザー処理装置完成です!
f:id:jagaimo_game_blog:20210815143015j:plain

簡単に作れるでしょ?10~30分くらいで作れると思います。素晴らしい装置だ。

ビーコンで再生能力の効果を付与しよう(任意)

この作業は必須ではありませんが、やっておいたほうがよいでしょう。ビーコンを設置して、再生能力と耐性Ⅱの効果を付与しておきましょう。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815143020j:plain

再生能力さえ発動しておけば、長時間放置しておいてもウィザーの爆発などでやられることはありません。念には念を入れておきましょう。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815143024j:plain

装置を起動しよう

せっかく作ったので、早速装置を起動しましょう。まず、ディスペンサーの中にウィザースケルトンの頭を入れましょう。3つのディスペンサーに均等に入れるようにしてください。f:id:jagaimo_game_blog:20210815144756j:plain

ディスペンサーにウィザースケルトンの頭を入れたら、次はドロッパー用のチェストの中にソウルサンドを入れましょう。長時間放置するならいっぱい入れましょう。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815144800j:plain

ソウルサンド4つは手元に持っておきましょう。最初だけ自分で設置する必要があります。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815144803j:plain

ウィザースケルトンの頭とソウルサンドを入れたら、ピストンの上にソウルサンドを設置します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815144807j:plain

そしてボタンを押すと、ウィザーが召喚され装置が起動します。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815144812j:plain

ウィザーが召喚されたらレバーをONにして、トロッコの中に乗り込みます。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815144816j:plain

トロッコに乗ったら最初だけ左右に動かしてください。一度勢いに乗れば自動で左右に動き続けます。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815144820j:plain

あとはホッパーに触らないように、奥のピストンに向かって右クリックを押し続けるだけです。F3+Tで完全自動化することができます。ウィザースケルトンの頭とソウルサンドがある限り、ネザースターが手に入ります。とても便利な装置です。

効率

1時間で90個前後のネザースターを入手することができます。いちいちウィザーを召喚するのは手間なので、放置していれば完全自動で入手できるのは非常に便利ですね。
f:id:jagaimo_game_blog:20210815150834j:plain

装置の仕組み解説

最後にこの装置の仕組みについて解説します。

ボタンを押すと、ディスペンサーからウィザースケルトンの頭が放出されます。ピストンの上に設置してあるソウルサンドと合わさってウィザーが召喚されます。

ウィザーは召喚とともに窒息装置に押し込まれ、処理されます。ウィザーが処理されると、ネザースターがドロップします。

ネザースターがドロップしてホッパーに吸い込まれると、オブザーバーが検知して信号を発し、再びウィザースケルトンの頭をディスペンサーから放出します。あとはこの繰り返しです。

ちなみにドロッパーからソウルサンドが毎回出てくるので、チェストの中にソウルサンドがある限りソウルサンドがなくなることもありません。

完全自動化のウィザー処理装置です。しつこいけど素晴らしすぎる装置です。

総括

いかがだったでしょうか。今回は、超簡単に作れる完全自動のウィザー処理装置の作り方をご紹介してみました。

10~30分くらいでとても簡単に作成することができます。記事や動画のように作れば思っているよりもあっさり作成することができます。

ウィザーをほぼ無傷で完全自動で処理できるなんて素晴らしいですね。ウィザースケルトントラップのおかげでウィザースケルトンの頭は大量に余っていたので、今回の装置は喉から手がでるほど欲しかったです。作ってよかった。

皆様もよければぜひ作ってみてください。とても便利ですよ。

文章だけではわかりにくい部分もあるでしょう。よければ下記の動画を参考になさってください。超簡単に作れる完全自動のウィザー処理装置の作り方を、動画でわかりやすく解説しています。

今回の記事及び下記の動画が、少しでも参考になりましたら幸いです。では皆様またお会いしましょう(・∀・)/

※他の動画も目を通していただけると嬉しいです。よければチャンネル登録、コメント、高評価などもよろしくお願いいたします。

www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

よければチャンネル、読者登録よろしくお願い致します。動画投稿、ブログ運営の励みになります!