じゃがいもゲームブログ

ゲームの感想、レビューなど。最高難易度攻略などのやり込みが好きです!youtubeに動画を投稿しています!よければチャンネル登録よろしくお願い致します!

スポンサーリンク

【マイクラ1.21】面白い!最も簡単に作れる動く橋の作り方解説!Minecraft Automatic Drawbridge Tutorial【マインクラフト/JE/ゆっくり実況】

スポンサーリンク

皆様こんにちは!
如何お過ごしでしょうか。

今回は、最も簡単に作れる動く橋の作り方について解説します!


5分で作れます!では、さっそく作り方について解説したいと思います。

必要素材は以下の通りです。


特にレアなアイテムはありません。非常に低コスト。

文章じゃなくて動画で解説を見たいという方は下記の動画を参考にしてください。最も簡単に作れる動く橋の作り方を、動画でわかりやすく解説しています。
youtu.be

動く橋の作り方

まず、5マスの穴を掘ってください。それか、自然の地形を見つけてください。渓谷、エンドやネザーでこういう地形多いですよね。


装置を作る場所を決めたら、横8、縦3の四角形の穴を掘ります。穴の深さは5マスです。


続いて、下から数えて2番目と3番目の壁を掘ります。2×8の四角形の範囲を掘ってください。


反対側も同じように穴を掘ります。


そしたら、溶岩側に移動して、右から数えて2番目と3番目の壁を掘ります。奥に2マス掘ってください。


仮ブロックを使ったり壁を掘って地上に移動し、下画像のように仮ブロックを設置します。


仮ブロックの上に的ブロックを設置して、


仮ブロックを撤去。


的ブロックの上にボタンを設置して、


的ブロックの2マス下に建築ブロックを設置。


建築ブロックの上にレッドストーンダストを設置して、


建築ブロックの隣に粘着ピストンを下向きで設置します。


粘着ピストンの下にレッドストーンブロックを設置。


建築ブロックの3マス下にオブザーバーを設置して、


オブザーバーの隣にレッドストーンダストを設置します。オブザーバーの顔がダストのほうを向くように設置してください。


こんな感じになればOK。間違いがないか確認しましょう。


続いて、下から数えて2番目の壁に黒曜石を設置します。


黒曜石の下にレッドストーントーチを設置して、


黒曜石の上に鉄のトラップドアを設置。


レッドストーントーチの手前の地面を掘って、穴の中にリピーターを設置します。


リピーターは全て3回クリックして最大遅延(4 ticks)させておいてください。


そしたらレッドストーンダストを15個設置します。


下画像のようにリピーターを3個設置。向きに注意してください。


リピーターの隣に黒曜石を3個設置します。


黒曜石は不動ブロックなので使っているだけです。かまどやスイカブロックなどでも代用可です。


こんな感じになればOK。間違いがないか確認しましょう。


そしたら鉄のトラップドアに向かってオブザーバーを設置して、


オブザーバーに向かって粘着ピストンを設置。


粘着ピストンに向かってスライムブロックとハチミツブロックを交互に5個ずつ設置します。


上から見るとこんな感じです。


そしたら地面を掘って装置の下に移動し、


手前から数えて2番目のスライムブロックとハチミツブロックの下にオブザーバーを設置。


オブザーバーに向かって粘着ピストンを設置して、


ハチミツブロックとスライムブロックを交互に2個ずつ設置します。




こんな感じになればOKです。粘着ピストンの斜めに粘着ピストンが来るようになっていればOK。


スライムブロックとハチミツブロックの上に建築ブロックを設置。


装置が目立たないように土ブロックを設置して穴を塞ぎましょう。


最後の仕上げ。スライムブロックとハチミツブロックの向かい側に黒曜石を3個設置します。


黒曜石は装置を止めるために設置しています。これにて動く橋完成です!超簡単5分で作れる。


せっかく装置が完成したので稼働してみましょう。的ブロックに向かって矢を撃つと、橋が架かります。


ボタンを押しても橋が架かります。


もう一度矢を撃つかボタンを押すと、橋をしまえます。シンプルで無駄がない素晴らしい装置です!面白い。

総括

いかがだったでしょうか。今回は、最も簡単に作れる動く橋のつくり方をご紹介してみました。

今回の装置は材料さえ集められればワールドを作りたての初心者の方でも作れます。よければ皆様もぜひ今回の装置を作ってみてください。面白いですよ。

渓谷に今回の装置を作ってお友達と門番ごっこをして遊ぶと楽しいかもしれません。渓谷にメイン拠点を作ってしまおう!それか溶岩に囲まれた城なんかを作って今回の装置で移動するのも面白いですね。

文章ではわかりにくい部分もあると思います。よければ下記の動画を参考になさってください。最も簡単に作れる動く橋の作り方を、動画でわかりやすく解説しています。

他にもマイクラの記事や動画を色々投稿していますので、よければチャンネル登録や読者登録、ツイッターのフォローよろしくお願いいたします。励みになります。

今回の記事及び下記の動画が、少しでも参考になりましたら幸いです。では皆様またお会いしましょう(・∀・)/


※他の動画にも目を通して頂けますと、ありがたいです。
youtu.be

youtu.be


www.youtube.com

youtu.be

よければチャンネル登録&読者登録よろしくお願い致します。動画投稿、ブログ運営の励みになります!